図を活用する海生式講義


パターン学習ではないため、どのような問題にも対応できるようになります。



図解を活用した学習法
簿記というものは、さまざまな取引を一定のルールに従って記帳し、最終的に損益計算書及び貸借対照表の金額を算定し、損益計算書及び貸借対照表を作成する技術です。
損益計算書及び貸借対照表を作成する過程において、さまざまな帳簿を作成する必要があり、その作成には一定の手順とルールがあります。
海生式講義は、取引→仕訳→総勘定元帳→試算表という手順を常に意識した講義となっています。
実務でもそうですが、取引を理解することが一番大切なことです。取引を理解していませんと仕訳は暗記になってしまいます。これが簿記を苦手にしている大きな原因です。
海生式講義では、取引をできる限り図解して表現し、また、当期に計上すべき費用や収益の金額を図を書いて計算することで、自然と仕訳ができるように工夫をしています。仕訳を暗記するという学習法とは一線を画しています。
たとえば、為替手形が出たら、(借方)買掛金×××(貸方)売掛金×××という仕訳を暗記している人が多いのですが、このような学習法は取りません。



解答を見ながらの学習法
簿記は技術です。いくら考えてもわからないものはわかりません。どうすれば解答にたどり着くのかがとても大切なのです。そのため、海生式講義では、解答を常に手許において学習をします。




海生ゼミ簿記合格講座TOPへ